綺麗に見えるスマイルはBEAUTYな歯から|歯医者で健康歯づくり

取り組みと選択

歯医者で行っている取り組みについて

歯科

最近の歯医者では、虫歯などの治療をして終わりではないようです。日本歯科医師会では、8020運動といって、80歳までに20本の健康な歯を残す運動をおこなっています。日本では、80歳の年齢で残っている歯は5本から7本と言われています。他の国の、スウェーデンのでは20本を達成し、アメリカやオーストラリア他の国では、15本以上を残せているといわれています。日本でも、予防歯科をすすめる歯医者さんが増えているようです。歯医者と患者さんとで、口の中の健康を守ることが大切です。そして、無痛治療に取り組んでいる歯医者さんが増えてきています。歯の治療で麻酔をして治療をする時がありますが、麻酔が痛かったりします。麻酔を打つときに表面麻酔を使用して、麻酔の痛みを減らしてくれるます。他に麻酔だけでなく、治療方法でも無痛治療に取り組んでいます。

日本には、たくさんの歯医者があります。自分にあった歯医者を探すことが、大切になります。予防歯科や無痛治療に取り組んでいる歯医者を探すには、歯医者で相談することが大切です。最近ではインターネットのHPで確認することもできますし、口コミなど利用すると探しやすくなると思います。虫歯や悪いところだけを治療して、それで終わってしまうのではなく、その後のケアも必要です。定期的に検診してもらえるのも、大切です。無痛治療は麻酔だけでなく、いろいろな治療方法があります。まだ実施されていない歯医者もあるようなので、通う前に確認しておくと安心できます。口コミの利用では、良いコメントも大切ですが悪いコメントも理解して探すと、より自分にあった歯科が探せます。